オフィシャルサイトへは、こちらをクリックしてください。

歌手と言うならば

歌手には色々な冠が付きます。美人歌手、イケメン歌手、ベテラン歌手、新人歌手、ビタミンボイス等々色々ありますが、冠として付かなくてはいけないのは「歌の上手い歌手」です!しゃべりが上手い、艶がある等々諸々の冠が付いても、過去の例では長続きしていませんね♪歌手の本文を忘れることなく「上手い歌手」と言われるようにプロ歌手みんなが精進しないとね♪上手い歌手…ベテラン以外、少ないんだなぁ!

ビッグスターが?

歌謡界にビッグスターが生まれて来ないのは何故?そう言えば銀幕界にもビッグスターが生まれ無くて久しいが何故?政治の世界も居ないし、経済界の孫正義さん位かな?総てが「小粒」小スターの感がしませんか?みんな最大限頑張っているのに何故?あれだけ一生懸命やっているキャンペーンも有料のテレビ出演も、お金を掛けた宣伝も…結果が出ないのは何故?なんですか…ねぇ…スターって時代が求めていないんですかねぇ???不思議ですねぇ…たけしさん以来お笑い界も小粒な一過性の小スターばかり…民放化したNHKにまで…顔、飽きたのばかり…うんざりする程出演しているのに小スターどまり…歌謡番組も明らかに担当者の好みに片寄って居るけど小スターばっかり…がっかり…です!

歌手の価値?

美空ひばりさんの肩に手を回したツーショット写真、どなたかお持ちですか?いまの歌手って、じじいが肩に手を回しても平気でツーショット!この差ってなに?考えて見ると芸能界に半世紀以上いる私は、カラオケファンとのツーショット以外に、プロ歌手とのツーショット写真はありませんねぇ!昔は恐れ多くてお願い出来ませんでしたけどね…やはり時代なんでしょうねぇ♪

ただ歌っても…駄目?

カラオケ大会や発表会で100曲以上の歌を聴いてると、ほとんど皆同じように聞こえる。歌に「情」が無いんだなぁ!習った通りの正確な無表情な歌、感情入れすぎの嫌味な歌、上手そうに唄う歯が浮くような歌…等々代わり映えのしない退屈な時間が過ぎるだけだ!?あの曲この曲と浮気しないで、もっと自分の唄う歌に集中して愛情を込めてよ!大事に大事に唄うようにしないと、いつまで経っても退屈な歌のままだぜぇ!プロ歌手にも最近居るんだなぁ…情の無い退屈な歌を唄う奴が…また言われそうだな!何様なのよ…って!!

あまく見るな!歌を…

ちょっと歌に慣れると歌い方に甘さが出て来るんですね!隅々まで丁寧な歌では無くて粗雑さが目立ってしまうんです♪言葉尻がはっきりせず、変な感情を入れるから「息」に成って最後の最後まで聞き取れません!地声ではっきり歌う癖を付けないと、聴いてる側はストレスに成るね?上手さなんか出そうとするより、丁寧に歌ってよ…ねぇ♪歌は手紙だと阿久悠先生が言って居ました!聴いてる人に歌詞が伝わらない歌なんて…糞だね!臭いだけ、だよね〜っ!

お葬式での感動

普段当たり前のように付き合っていた人の葬式に参列して、改めてその人の器の大きさに感動することがあります。最近流行りの密葬とか散骨は嫌ですね。なんか人生を省略化された気がするのと、家族や親戚の冷たさを感じてしまいます!私の葬式は祭壇の、その上にフルバンドを置いて賑々しい、ド派手な葬式にして欲しいですね!生涯総指揮者ですから…なぁ〜んて、真剣に考える歳に成りました♪でも、器の小さな私の葬式に、来てくれる人がいるかなぁ!?心配でまだ死にきれませ〜ん!

行きません!

演歌の歌手はゲストに来ないんですか?1曲歌わせてくれたら行くのですが?歌謡曲の懐メロは演奏しないんですか?もっと早く教えてよ、先約が有りますので……私の48周年コンサート&ディナーショーへの、ありがたいお断りのご連絡です♪

歌を唄う皆さん!

アマチュアもプロ歌手も、最近歌に重味がない、と感じませんか?迫力が欠けている、と感じませんか?カラオケのせいだと思っているんですが…また、怒られるかなぁ!?誰がなんと言おうと、歌が軽く成っています!ふわふわだぁ〜っ!柔らか過ぎだぁ〜っ!男はみんな歌が女っぽいよなぁ!どっしり感がないんじゃあ無いの〜っ!ぜぇつたい…カラオケのせいだぁ〜っ

スターの証?

生バンド不要論がチラホラ。歌手が成功して1枚看板になると、専属バンドで公演するのは何故?節目の周年コンサートに楽団を使うのは何故?お飾り?やはり歌手は管楽器のハーモニーの中で歌って輝きが増すのではない?勝手な理論かな?時代は違うのかな?バンド不要論の皆さぁ〜ん〜私って…やっぱりふ・る・い!天然記念物?不要遺産?

歌手の評価

あの歌が聴きたい!で歌手の評価を決めては居ない。お客さんをどれだけ呼べるか?報酬がいかに安いか?だけに成っていない?あの歌手はスーパーのキャンペーンで観たからもういい、近くのカラオケ屋にキャンペーンで来たから見たくない。歌手ってなんですか?歌手って…見世物?カラオケを歌うファンが歌手への評価を変えてしまった!んじゃあ無いのかなぁ?

岡 宏のひとりごとのブログ
芸能生活58年間、その活動の豊富で貴重なキャリアを基に、エッセイ等を音楽誌・専門誌に寄稿。さらに各種イベント・歌手等をプロデュース。21世紀のマルチバンドマスター。



profile


岡 宏

岡 宏&クリアトーンズ・オーケストラ
バンドマスター

(株)岡宏音楽事務所 代表

岡 宏は、日本大学芸術学部在学中、日本大学ソサエティ楽団に アルトサックスプレイヤーとして入団。文化放送大学対抗バンド合戦におい て「マ・カレナ」のソロにより優勝。在学中ビクターオーケストラの専属となり本格的にプロの道に入る。その後テナーサックスのソロプレィヤーとなり、 数々のレコーディングに活躍した。クリアトーンズ・オーケストラ結成後は、その才能をフルに生かし名指揮者ぶりを発揮。

NHK教育テレビ の韓国語講座の音楽を監修・担当。多年に渡る日韓の文化交流に対し、 韓国政府より文化功労賞を授与される。 又、ニ十数年に亘る刑務所慰問活動を通して矯正教育への多大な理解と貢献に対し、日本国政府より法務大臣表彰を受ける。

岡 宏が主宰するクリアトーンズ・オーケストラは日本国内は勿論、韓国・中国・旧ソビエト・アメリカ・フランス・北朝鮮等の海外にその演奏の場を広げ高い評価を得ている。又、岡 宏本人の海外演奏活動を通じて、ブラジルサンパウロ州議会より「アンシェッタ賞」、メキシコ日本人会より「友好賞」をそれぞれ受賞している。

芸能生活60年間、その活動の豊富で貴重なキャリアを基に、エッセイ等を音楽誌・専門誌に寄稿。さらに各種イベント・歌手等をプロデュース。21世紀のマルチバンドマスター。

(2017.6更新)

◆連載エッセイ
/月刊:歌の手帖
バンマス岡 宏の
「うしろ姿の おつきあい」

selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM