オフィシャルサイトへは、こちらをクリックしてください。

キャンペーン

画一的過ぎない?キャンペーン!代表曲から入って面白いご挨拶、スケール感のあるカバー曲からサービスの客席へのラウンド、デュエット曲で大サービスの後で新曲の裏表。大概の歌手は同じパターンだ。誰かが改革的なキャンペーンをやらないと、新曲が終わる頃になると蜘蛛の子を散らすようにお客は帰ってしまう。誰かに新しいパターンのキャンペーンをやって欲しい!お客さんやファンが釘ずけになり、CDを買わずにはいられない歌手に成って欲しいと思っています。誰か、誰かやらないと…同じことをやっていれば、いつまでも同じ結果しか考えられない、と、先生は、思います!

無題

なにさまのつもりだ!言論の自由とはいえ言いたいこと言いやがって!と鬱陶しがられて来ましたが、どうせ演歌は消滅の定め!能書きをカキコするのは終わりにします!カキコするほどこの世界に生きてる人々にほとほと嫌気が…。これからは愛する演歌のために現実的な実行をして活性化の道を探します。この先の余生は庭の花の話、あれを食ったこれを食ったの話、庭に来る猫の話、隣近所のうるさい犬の話でもカキコしながら、ひとり静かに演歌消滅を見届けることにしましょう!さらば演歌!さらば演歌界重鎮の皆さん!

光らない?

あちらこちらでコンサートのポスターを見るように成りました。いい傾向です!だけど光がない?ファンと本人だけの慰めごっこ?で終わる一過性の内容が多くないですか?大勢が出演するコンサートは特にねぇ!?時間的にひとり2曲2コーラスが限界ですよね。勉強したものを発表する為じゃないと意味が無いですよねぇ!オリジナル2曲聴くのってお客さんは結構しんどいんですけどねぇ!自分の為にファンの為に、勉強しましょうよ!舞台はキャンペーン場ではありませんよ〜っ!舞台でカラオケで、CDどうりに歌うのは、プロ歌手なら止めましょうよ!光らないか・ら・ねぇ〜っ!

岡宏歌謡塾

昨日、東京練馬文化センター会議室で20数名の歌手の皆さんとディスカッションしました♪とりとめのない私の話を、休憩を挟んで2時間、聞いて頂きました。なんとか歌謡界を活性化したい、どうしたらいいのか、を目指したいと思う気持ちが伝わったでしょうか?会場費、お茶を提供してくれた遊youの堀田社長、ありがとうございました♪

はっきりさせよう!

これだけ沢山の新曲が発表されているのに、一般大衆に愛唱されるヒット曲が生まれてこないのは何故だろう?いつも同じ歌手がテレビに出ているのに、その歌手にヒット曲が出ないのは何故?この際責任の所在をはっきりさましょうよ!歌手?作詞作曲者?ディレクター?プロデューサー?レコード会社?責任者、出てこ〜いっ!自分のやった仕事に責任を取〜れ〜っ!言っておきますが経営者の責任ではありませんよ〜っ!経営者は総て雇われ社長ですからね〜っ!

ダダダダ〜ン!

人間には生きて行く上で、神々から与えられた運命があります。持って生まれた宿命です。道路上にいるガードマン運命、同じ年頃でもゴルフ、旨いもの、旅行が出来る人、みんな定められた運命なのでしょう。歌手になるべき運命、スターになるべき運命の人は数十万人にひとり、努力して得られるものではなく運命の賜物です。運命にもて遊ばれないように残りの人生を大事に楽しくいきたい!なんて、哲学的なことを考える老人に成っている今日この頃の私です♪

カラオケは新章へ

カラオケ大会は、何度も手直しをして完成させたCDの通りに歌う驚異的テクニックのアマチュアを称賛する風潮に成ってきました。新しいカラオケの姿に進化して来たと言えるでしょう。もの凄いテクニックだと思う。録音技術者が何度も苦労して完成させたCDを、いとも簡単にコピーして歌い上げるのだから。審査員は録音技術者以上の歌唱力を1発勝負のアマチュアに要求するのだから無責任と言うか、無知と言うか?どっちだと思います?

ビート(拍子)が演歌を

子供向け番組のテーマソングは8ビート以上、コマーシャルソングも大半は8ビート以上。このビートの中で育った子供たちが、2ビートのド演歌、民謡、3ビートのシャンソン、4ビートのジャズ、歌謡曲に馴染めますか?会社の上司に無法松の一生を聴かされ若い社員がついてくると思いますか?時代の流れは急速にすすんでいるのが現実です。若いお母さんはもう子供に童謡を教えられない時代にすすんでいます!演歌歌謡曲もこのままでいいんですかぁ〜っ!

歌手本来の夢

歌手になったら有名に成って、華やかな舞台に立ち、親に恩返しをし、後世に名曲を残して行きたい、と思うのが本来の姿なんでしょうねぇ。夢を叶える手段が無い今の歌手たちは本当に気の毒としか言いようがありません!どうしたらいいんでしょうねぇ!誰も解決の道がわかりません!夢は叶うんでしょうか?ねぇ?

な〜んで〜っ!

これだけ演歌歌謡曲が売れない、ヒット曲が生まれないのはな〜んで〜っ!経営者の責任とは思えないし、歌手たち?作詞作曲家の責任?ファンの責任?真剣に考えて、はっきりした結論と方向性の指摘を聞かせて欲しいなぁ!他人事ではなく、いい知恵を聞かせて欲しいなぁ!抽象的な意見と現実的でない意見は勘弁してよ!

岡 宏のひとりごとのブログ
芸能生活58年間、その活動の豊富で貴重なキャリアを基に、エッセイ等を音楽誌・専門誌に寄稿。さらに各種イベント・歌手等をプロデュース。21世紀のマルチバンドマスター。



profile


岡 宏

岡 宏&クリアトーンズ・オーケストラ
バンドマスター

(株)岡宏音楽事務所 代表

岡 宏は、日本大学芸術学部在学中、日本大学ソサエティ楽団に アルトサックスプレイヤーとして入団。文化放送大学対抗バンド合戦におい て「マ・カレナ」のソロにより優勝。在学中ビクターオーケストラの専属となり本格的にプロの道に入る。その後テナーサックスのソロプレィヤーとなり、 数々のレコーディングに活躍した。クリアトーンズ・オーケストラ結成後は、その才能をフルに生かし名指揮者ぶりを発揮。

NHK教育テレビ の韓国語講座の音楽を監修・担当。多年に渡る日韓の文化交流に対し、 韓国政府より文化功労賞を授与される。 又、ニ十数年に亘る刑務所慰問活動を通して矯正教育への多大な理解と貢献に対し、日本国政府より法務大臣表彰を受ける。

岡 宏が主宰するクリアトーンズ・オーケストラは日本国内は勿論、韓国・中国・旧ソビエト・アメリカ・フランス・北朝鮮等の海外にその演奏の場を広げ高い評価を得ている。又、岡 宏本人の海外演奏活動を通じて、ブラジルサンパウロ州議会より「アンシェッタ賞」、メキシコ日本人会より「友好賞」をそれぞれ受賞している。

芸能生活60年間、その活動の豊富で貴重なキャリアを基に、エッセイ等を音楽誌・専門誌に寄稿。さらに各種イベント・歌手等をプロデュース。21世紀のマルチバンドマスター。

(2017.6更新)

◆連載エッセイ
/月刊:歌の手帖
バンマス岡 宏の
「うしろ姿の おつきあい」

selected entries
categories
archives
recent comment
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM